švaraは”主”を意味し、インドの宗教と哲学で最高の個人的な神を指定するために使用される主要な用語です。 女神の崇拝者は女性の形、švarīを採用しています。 名詞は、所有する、支配する、マスターする、または強力であることを意味するサンスクリット語のルートvīから来ています。 この用語の意味は、南アジア文学の歴史の中で発展しました。

最も初期の地層では、”Gveda”の賛美歌(c。 紀元前2000年)は、宇宙秩序の守護者である普遍的な主権者varuña、火の神であるagni、神々の雷を投げつける指導者であるindra、宇宙を創造するために解体された宇宙人であるpuruñaなどの神々の力を指定するために、同じルートからの悪口šañaまたはšaを好む。 強力ですが、これらの初期の「領主」は最高の個人的な神ではありません。 シュヴァラという用語自体は、ヴェーダの賛美歌の最新のコレクションであるatharvavedaで最初に発生し、agni(火)神からvayu(風)、prāña(生命エネルギー)、Kāla(時間)に拡張されています。 その後、犠牲を詳述する聖職者の本であるBrāhmañasは、ヴェーダの犠牲、創造者、保護者、そして世界の支配者の実施形態として、神Prajāpati(子孫の主)を高めます。 この主は、基礎となる絶対者であるブラフマンと同一視されています。

ヴェーダの最後の部分では、ブラフマンと最も内側の魂(ātman)の間の神秘的なリンクが探求されているウパニシャッド(800bce–200ce)では、švaraの概念が完全に出てくる。 初期のウパニシャッドはバラモンとアルトマンの神秘的な方程式に焦点を当てていましたが、後のウパニシャッドは、”ヴェターシュヴァターラ”のように、神性の個人的かつ非個人的な概念を”ヴァラ”に統合し、単一の、最高の、優雅な、個人的な神として統合します。 ここでは、ルドラ(”ハウラー”)、また、シヴァ(”慈悲深い一つ”)として知られているヴェーダの嵐の神は、世界を作成し、それを浸透させ、すべてを支配し、彼らの魂として人 彼は外界の主ですが、究極の解放をもたらす内なる魂としての瞑想(ヨガ)における主の知識です。

叙事詩Mahābhārataの中で最も人気のある部分であるほぼ同時代のBhagavadgītā(c.200bce)は、švaraという用語が適用される他の原則の神であるViīu-Kīaに関してさらに概念を発展させている。 シヴァと同様に、ヴィシュウは初期のヴェーダの神であり、彼はvāsudeva、Nārāyaşa、kīaとともに、人気のある神で時間をかけて識別されるように身長が成長しています。 KīaをAvatāra、または超越的な主の化身である”子孫”を地上の王子として持つと、īvaraは鮮やかに個人的になります。 Bhagavadgītāは、儀式の行動(カルマ)と内なる知識(jīāna)の以前の道と並んで、救いへの新しい道としての献身(bhakti)を確立します。 Kīaは最高の主(Parameīvara)、宇宙、その作成者と支配者を超えて、ブラフマンの基盤として見られています。 クァはまた、人間の心の中に内在する究極の人(purušottama)として明らかにされています。 明らかに献身を好む一方で、Bhagavadgītāの精神的な規律(ヨガ)は、解放への犠牲的、内省的、祈りの道を詩的に合成しています。 最高の個人的な神への献身の道(ヴィシュウ、シヴァ、または後の時代に女神にかどうか)を好み、昇格させるこの傾向は、中世から現代までヒンズー教の霊性の主流になって、叙事詩とpurāñasの宗派文学で続けられている。

哲学文学では、švaraの他の概念が揺れています。 サーヒヤは、物質と純粋な意識の二重の原則の観点から、世界とその操作を非人格的に説明しています—シュヴァラに頼ることなく。 パタジャリのヨガ哲学は、同様の二元論を維持していますが、純粋な意識の究極の模範としてシュヴァラが含まれています。 ここでは、彼の神聖な音oùの繰り返しを通じてšvaraへの献身は、単独で解放を与える瞑想的な洞察力と吸収を達成するためのオプションの手段として見 ヨガでは、シュヴァラは宇宙の効率的でも物質的な原因でもありません。 カルマMīmāīsāの哲学は、仏教やジャイナ教の異教の学校のように、原因と結果の法則—カルマの教義—を強調しているので、宇宙を創造し維持するためのanīvara図の必要性は不要である。 Nyāya-Vaičečika学校は、おそらくもともとšvaraに反対していましたが、後の解説文学では、カルマに従って永遠に存在する原子を組み合わせて宇宙を創造し、維持し、溶解する永遠の存在として、ヴェーダの啓示の著者であり教師であるšvaraを支持しています。

Śaṁkaraのnondual Vedānta哲学は有名なsubrated īśvaraとしても”良い”のŚaṁkara,”高良い”絶対的を超えてすべての資質(nirguṇa)。 通常の世俗的な認識には、この高いバラモンは無知に資質(saguña)に満ちた個人的な神であるšvaraとして見られています。 また、ラーマヌジャの資格のあるnondual Vedāntaは、švaraを最終的には真実であり、物質的な世界や魂とは異なるすべての良い資質を永遠に所有する個人的な神であると理解していますが、それに住み、それらを支配しています—最後の千年紀における祈りの有神論の成長とより一貫した見解です。

参考文献

Chemparathy,George. インドの合理的な神学:ウダヤナのNyayakusumajaliへの紹介。 ウィーン、1972年。 ニヤヤ・ヴァイシェチカ哲学における有神論の概要。

権田、Jan。 インドの宗教の変化と継続性。 ハーグ、1965年。

権田、Jan。 ヴィスヌイズムとシヴァイズム:比較。 ロンドン、1970年、ニューデリー、1976年。

Goyal,S.R.古代インドの宗教史,c.1200a.d.Meerutまで,インド,1984-1986. 著名な歴史家によるインドの有神論の包括的な治療。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。