目的:強直性脊椎炎(AS)を有する人々の間での作業障害

方法:サンプルグループ(n=133)は、2つの情報源を通じて募集された:1)6ヶ月の期間にわたって外来診療所に通う連続した患者、および2)全国強直性脊椎炎 我々は、無作為に選択されたサブサンプル(n=6)と自己投与アンケートと電話インタビューによって収集されたデータと断面調査を使用しました。

結果:参加者の大多数は男性でした。 平均年齢は49歳であり、平均疾患期間は28歳であった。 さらに15%がASに起因する労働生活の変化(労働時間の短縮、転職など)を報告しています。 フルタイムの仕事であることと比較して、仕事の障害は、古い、長い病気の期間、低い教育基準、併存疾患、大きな身体障害、痛み、疲労、剛性、不安や抑うつ気分、およ 記述的なデータは、作業障害の経験と作業環境におけるASへの対処についてのさらなる洞察を追加しました。

結論:仕事の障害は、正確な有病率と心理社会的影響を決定するためのさらなる調査の価値があります。 仕事の障害は、職場での簡単な介入や適応で対処することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。