竹輪の伝説は、室町時代(1523年頃)の本に記載されています。 しかし、それよりもさらに古いと報告されています。 竹輪の起源は、”槍の先端に魚の挽肉を塗り、調理して食べたことによると言われています。”

その昔、ヤマサ竹輪の創始者、吉田(豊橋の旧名)で商売をしている魚問屋の佐藤善作が四国の金毘羅様神社を訪れました。 その地域の有名な食べ物はちくわでした。 それは非常にユニークだったし、それを試飲した後、非常においしい、と彼は思った。 豊橋は海産物が豊富であったため、原料として必要な魚が豊富でした。

善作は家に戻り、すぐにちくわの生産に着手しました。 善作は使用する魚に非常にこだわり、味に細心の注意を払っていたので、すぐに彼のちくわの人気が高まりました。 文政10年に魚製品の販売を開始し、現在は佐藤善作の六代目の子孫によって運営されている。ヤマサちくわ株式会社(株)エヌ-ティ-ティ 愛知県豊橋市にあります。 豊橋は、東京と大阪の間のちょうど半分の方法です。 愛知県を中心に130店舗の販売ネットワークを持ち、毎日約200,000本のちくわを販売しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。