上記:ジャコウネコは、コウモリから人間に、2003年のSARS流行を引き起こしたウイルスであるSARS-CoVを通過したと考えられています。
©ISTOCK.COM、SPMEMORY

新しい人獣共通感染症の発生が発生すると、科学者たちは感染が由来する種を追跡するために急いでいます。 多くの場合、感染は、その最初の動物キャリアから中間宿主種にジャンプし、その後、ウイルスをヒトに伝達する。 中間宿主種を同定することは、リスクを軽減する公衆衛生政策を実施することを可能にし、研究者に病気の進化と病因のより良い理解を与える。COVID-19を引き起こすウイルスであるSARS-CoV-2は、最初に中間宿主を介してヒトに伝達する前にコウモリで循環したsars-CoVおよびMERS-CoVと同じウイルス科に属す。 Sars-CoV-2は同様のルートを介してヒトに来た可能性が高いですが、「現在、中間宿主がいるという証拠はありません」とEcoHealth Allianceのhealth and policy担当副社長であるWilliam Karesh氏は、コロナウイルスは中間宿主なしでコウモリからヒトに直接感染する可能性があると指摘しています。

2003年のSARSの流行は、コウモリとジャコウモリの間のウイルス感染から始まり、それが人間に伝えられました。 同様に、2012年のMERSの流行の間の中間宿主はdromedaryラクダであったと考えられています。

「コロナウイルスがどこから来たのか」を参照してください。

COVID-19のパンデミックが続いている間、科学者は潜在的な中間宿主を探すためにモデルを使用しています。 今日(月16)の時点で、164,000以上の症例が報告され、6,507人が死亡しています。 最初の完全なCOVID-19ゲノム配列は2020年1月にリリースされ、研究者は動物で既に単離されたコロナウイルス株とコロナウイルスのヒトバージョンを比較

Ralph BaricとFang Liの研究室からの最近の論文は、Journal Of Virologyに掲載され、2003年のSARS-CoVをテンプレートとして使用して、主要なCOVID-19タンパク質の構造をシミュレートし、他の種のウイルス株がヒトと同様の方法で結合する可能性があるかを予測した。

モデルは、コロナウイルススパイクタンパク質の受容体結合ドメイン(RBD)と宿主受容体アンギオテンシン変換酵素2(ACE2)との相互作用がSARSとCOVID-19の疾患伝達を制御するというよく受け入れられた考えを支持している。 言い換えれば、スパイクタンパク質は、宿主細胞上のACE2の保持をつかみ、細胞への侵入を獲得し、そこで複製し、細胞を破裂させ、他の細胞に広がる。 研究者らは、異なる種に属するACE2受容体タンパク質をモデル化して、どの種がSARS-CoV-2感染に脆弱であるかを確認した。 豚、フェレット、猫、オランウータン、サル、少なくともいくつかの種のコウモリ、およびヒトは、それらのACE2受容体の構造的類似性に基づいて、SARS-CoV-2に類似したレベルの親和性を有することが判明した。

チームは、現在の流行のための中間宿主としてシベットを除外しなかったが、彼らはsars-CoV-2を結合することができなくなったシベットACE2受容体にいくつかの違いがあることを指摘した。 仮説は、現在の流行はコウモリで始まり、その後別の種に移動したということです。 武漢の最も初期の症例の多くは、ヘビや鳥を含む魚介類や野生動物を販売するHuanan Seafood marketに関連していましたが、すべての症例がそれに関連しているわけではありません。 市場で入手可能な多種多様な動物の生産、および多くの「疑わしい種」におけるACE2受容体の構造的類似性は、科学者がまだSARS-CoV-2の伝達鎖に自信がな

これらのモデルは潜在的な貯水池種の候補リストを作成しますが、”この研究では中間宿主は特定されません”とBaricは注意しています。 彼は、研究者がワクチンや薬物をテストし、病気の進行を研究するための新しいcoronavirus動物モデルを開発するのに役立つ調査結果を望んでいると言いま

“進行中の実験作業がたくさんありますが、この論文で進められている仮説のいくつかを実際に確認するために重要だと思います”と、研究に関与していなかったScripps Research Instituteの計算生物学者であるAndrew Wardは述べています。

異なる一連の研究者による同様のモデリング研究が最近、Journal Of Medical Virologyに掲載されました。 著者らは、ウイルスのRBDと宿主ACE2との構造的類似性に基づいて、センザンコウ、ヘビ、カメがSARS—CoV—2の中間宿主である可能性があることを提案している。 著者らは、これらの知見を確認するにはさらなる研究が必要であるが、他の専門家は、ヘビがSARS-CoV-2宿主であるという別の研究者グループが1月に発表した考えを信用していないと指摘している。湿った実験室での実験を通じて中間宿主の身元を確認することは困難なプロセスであり、研究者は決定的な犯人を特定することはできません。

「あなたは何千ものコウモリをテストすることができますが、コロナウイルスを得るためには、彼らがそれを流している日にそれらを捕まえなければ 彼は、最初の動物からヒトへのSARS-CoV-2伝達が発生してから数ヶ月が経過し、動物のコロナウイルスの循環が低下した可能性があるため、元の株を見つ

Y.Wan et al.、「武漢からの新規コロナウイルスによる受容体認識:SARSの10年にわたる構造研究に基づく分析」、J Virology、doi:10.1128/JVI。00127-20, 2020.

Claire Jarvisはアトランタに拠点を置く科学記者です。 で彼女にメール[email protected] または[email protected]で彼女を見つける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。