Pro Tools

Pro Tools

Pro Tools2020Mac編集ドラムビート探偵とサウンドReplacerを使用して、彼はタイミングを修正し、音のトーンを甘くする方法を示していますPro Toolsを使用してライブドラム録音。 このコースでは、テンポマッピングやマルチトラックドラムのクオンタイズ、soundreplacerやバーチャルインストゥルメントでのサンプルトリガーなど、さまざまなドラムスウィーニング技術など、Beat Detectiveの操作モードと一般的なワークフローの多くをカバーしています。

Pro Tools crack mac audio engineer Scott Hirschは、撮影中に収集された基本的なオーディオから構築され、Pro Toolsを使用して最終的なミックスに変換された、映画やビデオのための刺激的 このコースでは、独自の要件を持つプロジェクトのためのPro Toolsセッションテンプレートを設定し、最適化する方法を示し、フォーリーとADRオーディオを録音し、

Pro Tools Macの機能:P>

Pro Tools Mac
  • OMFsとAAFsをPro Toolsにインポートする
  • フィルムをスポッティングし、マーカーを使用する

Pro Tools Mac

Pro Tools Mac
  • オーディオ編集を滑らかにするためにフェードを作成する
  • vocalign leでadrを録音し、編集
  • plosives、クラックル、ハムを編集する
  • オートメーションとリバーブでミキシング
  • 51サラウンドミキシングとベース管理
  • マスタリングデリバリーレベルとダイナミクス
  • Pro Tools10のオーディオスイートの機能強化について
  • Beat Detectiveでの選択とリージョンの分離
  • グルーブテンプレートの抽出と使用
  • バービートマーカーを使用したテンポマップの生成
  • SoundReplacerやその他のサンプルトリガープラグインの使用
  • ステレオ録音内のドラムサウンドの置き換え。Mac OS X Kodiak、10.0(Cheetah)、10.1(Puma)、10.2(Jaguar)、10.3(Panther)、10.4(Tiger)、10.5(Leopard)、10.5(Leopard)、10.6(Cheetah)、10.7(Leopard)、10.1(Puma)、10.2(Jaguar)、10.3(Panther)、10.5(Leopard)OS X10.8(Mountain Lion)、10.9(Mavericks)、10.10(Yosemite)、10.11(El Capitan)macOS10.12(Sierra)、10.13(High Sierra)、10.14(Mojave)、10.15(Catalina)、11.0(Big Sur)以降のバージョン。
  • サポートされているハードウェア:IntelまたはPowerPC Mac。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。